ペット経済にビジネスチャンス 市場規模1700億元


浙江省温州市から来た肖婉晴さんは、28インチ(約71センチメートル)のスーツケースいっぱいに猫のフード、おやつ、おもちゃを詰め込んで、名残惜しそうに会場を後にした。会場で別に注文したフードもこれから家に届けられる。新華社が伝えた。

これはこのほど上海で閉幕したペットフェアアジア2018での光景だ。2日間の一般公開日には、肖さんのようにスーツケースを抱えた人が大勢やって来て、会場に集められた世界中のペット商品を買い求めた。14万平方メートルの会場は大変な混みようで、出展企業は1300社を超え、来場者は14万人に達し、中国ペット経済の勢いを見せつけた。合理的な価格で種類がたくさんあるペット商品が、大勢の来場者を呼び込んだ。

上海市の張然さんは輸入ペットフードのブースで、「うちのワンちゃんは胃腸の調子が悪い。うちの子に合ったフードはないか」とたずねていた。ブース内にいた獣医師?李渓さんはその犬の健康状態を詳しく確認した後、胃腸に配慮したフードを張さんにすすめた。

張さんは、「犬を飼い始めた当初は、フードに幼犬用と成犬用があることくらいしか知らなかった。ペット歴も8年になり、今では犬種ごとにフードがあることを知っている。病気になった時には症状別のフードもある」と話した。

李さんは、「今やペット用品の種類はますます細分化されている。犬の症状別フードだけでも、肝臓に配慮したフード、腸に配慮したフード、腎臓に配慮したフードなど、10種類以上ある」と説明した。

ペットコミュニティサイト「狗民網」が同フェアの開催期間に発表したペット産業白書によると、中国の犬?猫の飼い主が今年、ペット1匹につぎ込む金額は平均5千元(1元は約16.2円)を上回り、前年比15%増加する見込み。今や中国の犬?猫ペット市場は規模が1700億元を超える。

前出の肖さんの場合、「毎月、猫のフードだけで数百元かかる。海外通販で輸入フードを購入するほか、トリミング、ワクチン、お医者さんの費用などで、年間約1万元かかる」という。

高級化、スマート化したペット商品が人気となっている。今回のフェアで米国メーカーが出展した全自動猫用トイレは、重力センサー、自動フィルターなどの機能が備わり、掃除の手間がぐっと減る。価格は5千元と高価だが、ブースの責任者?汪銘さんの説明によれば、「中国のECプラットフォームで毎月200台以上売れている」という。

フェアのセミナーに参加した任暁波さんは、「うちにはエキゾチックショートヘアが1匹いる。今回のフェアにはフードを買いに来ただけでなく、専門的な話も聞いてみたいと思ったのでやって来た。あの子はうちの家族も同然で、よりよい生活環境を与えてやりたい」と話した。(編集KS)


この記事へのコメント