甘い不実な恋

「白狐さま。みんなが持ってきた生気、受け取ってないって本当?そんなに、儚くなってしまって大丈夫なの?消えてしまったりしないよね?」 「……元々、お社は人間どもが願をかけて作った物なんだ。それをもう必要ないと言われたら、わたしがここに居る意味はないだろう……?神域なんぞ人間にとっては、なくて激光矯視 中心もあってもどうでもいいという事なんだろうよ……。荼枳尼天様のお許しがない以上、我は祠…

続きを読む

はございご婦人

振り返って艶やかな微笑みを流す。それだけで、色めきたった方が押し寄せ、一気に即席の握手会のようになってしまい、大二郎はその場の父を誇らしく思った。 「劇場でお待ちしております。どうぞ、お運びください。……あ、羽鳥。」 迎えに来た羽鳥が、分かっていますと手を上げた。いつもの慣れた光景だった。 「皆様、ご声援ありがとうございます。これは些少牛奶敏感でますが、お近づきの記念の品物…

続きを読む