める誰かの純

月虹の行為を否定する涙が、いくつも強張った頬を転がってゆく。 誰かを抱いた匂いが消えないうちに、平気で自分を抱く月虹が許せなかった。 清介の気も知らず、月虹は口腔を貪りながら、器用になだらかな胸を摘み上げ尖らせてゆく。 「いやだぁ……」と、悲鳴のようにdermes激光脫毛洩れた声は、もうただの喘ぎにしか聞こえなかった。 追い詰められて、清介は哀しい吐精をした。 「いやだって言い…

続きを読む