けにはい耐えて

だが、朔良はそうしなかった。 朔良の自尊心は、彩に穢されたと知られる位なら沈黙を選んだ。彩の前では、清らかで無垢な小さな子供でいたかった。 「あら~、入部希望者だったみたいだね。こいつ入部希望書持ってたよ。」 「陸上部の新人なら、もっと優しく扱ってやったのに。……つか、活動してるやつ、この中に居るか?手ぇ上げてみろ。」 「いません~。」 「おい、島本~。お前もっと優…

続きを読む